ラズパイで防犯カメラを作る!(PHPで外部から起動)

前回の記事で自宅カメラの動画をストリーミング再生できるようになりました。しかし、前回のままだとmjpg-streamerをずっと起動しておく必要があるので、セキュリティ的にも不安です。外出先から見たいときだけ起動して終わったら消せるようになると便利なので、今回はそれに挑戦します。

目的

  • WEBページ上に自宅カメラの動画を埋め込む
  • 読み込んだときに起動・ボタンで終了できるようにする(phpを使用)

準備

前回の記事のセットアップでmjpg-streamerが起動できるようになっていることが前提です。
WEBページでPHPを動かすので、サーバの設定とポート開放をしておきましょう。

方法

こんな感じでcamera.phpをサーバのCGIが動くディレクトリに作成します。

一つ目の<?phpで始まる部分でシェルスクリプトを動かし、前回と同じコマンドでカメラを起動しています。

パラメータに-bでバックグラウンドで実行、-pでポート番号を指定、-cでパスワードを設定しています。
サーバから起動するなら実行ユーザはwww-data等になります。そのままでは権限が無いのでカメラが起動できませんので、/dev/vido0の「その他のユーザ」の権限を追加しておきましょう。

<iframe>は他のページを埋め込むタグです。アドレスとポート番号を指定し、stream_simple.htmlを指定します。
これはmjpg-streamerの動画だけのページです。

2つめの<?phpでボタンを押したときのコマンドを指定しています。mjpg-streamerの公式ドキュメントにあるコマンドそのままです。

こんな感じで見れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。