モータードライバ L9110でモーターを逆回転させる

はじめに

カーテンを自動で開閉する仕組みを作りたかったときに、モータを逆回転したいなと思ったことがありました。プログラムを変えるとか簡単な回路で済むかと思ったら、意外と難しそうだったのでモジュールを使うことにしました。今回はIC L9110およびそれを使ったモジュールの使い方のメモです。

モジュール

今回使うのはこのモジュールです。
Amazonでなんと1個150円!思ったより小さくていい感じです。

サイズは10円玉大

ちなみに、1つのモジュールで2つのモーターを別々に動かせます。
電流は各800mAまでだそうです。

ピンは6つあって、Vcc、GND、Aの入力2つ、Bの入力2つです。緑の部分にモーター線をネジ止めします。入力のどちらか片方を0Vに落とすとモーターが正回転or逆回転します。

うーん、便利!
こういう保護回路とか全部ついた簡単モジュールはいいですね。

データシート

L9110のデータシートの意訳です。

  • 電源電圧:2.5Vから12V
  • 許容電流(定常):800mA×2個
  • 許容電流(瞬間):2.0A
  • 無負荷時電流:2μA
  • 制御電流:0.5mA
  • TTL/CMOSレベルに対応
  • 誘導電流、高電圧に対する保護回路付き

入出力レベル

入力1入力2出力1出力2
HLHL
LHLH
LLLL
HHLL

※以下、実際に使ってみてわかった注意点

  • 出力電圧は電源電圧の80%くらいになる
  • 制御入力は何も接続されていないときはHighレベルになる(内部プルアップ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。